ETCカードをクレカに関係なく持つ

ETCカードの疑問イロイロ

クレジットカードを作らずにも持てるETCカードがある、デポジットを詰むから初期投資がかかる

サイトトップ > ETCカードをクレカに関係なく持つ

ETCカードをクレカに関係なく持つ

クレジットカードを作りたくない、作れないという人が高速を運転する場合、料金所でETCカードがなくてことさら困るということは、現実的には考えにくいもの。

古いやり方通りに有人のレーンへ移動して、現金でお金を支払うということをするだけです。

とはいえ、これだけETCカードと専用レーンが普及している中で、少し肩身が狭い思いをすることはあります。

人によっては、なんでETCカードを申込んでいないんだろう、クレカが申込めない理由があるのかと勘ぐられるのがイヤだということもあるかもしれません。

実際、クレジットカードを持っていない人の場合は、ETCパーソナルカードと呼ばれるものがあります。

クレカで後払いができない人のためのカードですから、発行時にデポジットを支払う必要があり、その額はどの程度有料道路を使う人なのかによって左右されます。

最低でも4万円以上のデポジットが必要になるため、初期投資にお金がかかるのがデメリットです。

デポジットは解約する際には手元に戻ります。

道路の使用料は1カ月分まとめて請求が来ます。

4万円も先に支払ったのだから、4万円分の料金は支払わなくてもいいかというとそうではなくて、保証金はそのままプールされる方式なので、それとは別に使った道路の使用料金は支払う必要があります。

良く誤解されるのは、デポジットをプリペイカードのカードに最初に入金するお金と混同するケースです。

ETCパーソナルカードはプリペイカードではありません。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードの疑問イロイロ

Copyright (C) www.jonqueparadisehalong.com. All Rights Reserved.